あいの風とやま鉄道 413系 「一万三千尺物語」

このページは鉄道車両の個別データを掲載しています。
ここからペーパークラフト展開図のダウンロードページへ移動できます。

🚃基礎データ

開業に伴ってJR西日本から譲渡された交直両用近郊形電車です。立山連峰と富山湾という自然と料理や地酒を楽しむための観光列車として2018年に登場しました。

⚙️諸元

Image
長さ20m
高さ4.1m
幅2.95m
軌間1067mm

 

🎨車両の色

✅運行データ

📅運用年

■導入(またはイベント開始):2018年12月 ~ ■廃止(またはイベント終了):

2018年12月

あいの風とやま鉄道

あいの風とやま鉄道とは北陸新幹線の長野~金沢延伸に伴って分離された並行在来線の北陸本線(富山県内)を保有、運営する第三セクター方式の鉄道事業者です。社名は日本海沿岸で春から夏にかけて吹く海風の相性より。

 

🚃運用路線(一部)

あいの風とやま鉄道線 |

IRいしかわ鉄道線 |

🚅使用される列車名




📄ペーパークラフト展開図

【レビュー】125系・長谷川商店 電車茶箱『鉄茶ん』 美味しい「とび色2号」の黒大豆茶
実は少し前にお手伝いしたものがありまして。 そう、電車のお茶。その名も「電車茶箱 鉄茶ん」 加古川線ということで、黒大豆を原料にしたお茶なんですね。ペパるネットはそのパッケージ(鉄道部分)のデータを提供しました。 電車ペパクラとしては既存のペーパークラフトを短く縮尺を合わせた感じですね。なにしろ組み立てやすくなるので「この規格で作っていくのもアリかも?」なんて思ったり。 ちなみにペパるネット、別サ...

🔑パスワードは3594

★展開図のダウンロードにはこの記事内に記載されているパスワードが必要です。



※ぺぱるねっとが個人的趣味で作成している二次創作・ファンアートになります。 ペーパークラフトや鉄道アイコンは非公式のものであり、各事業者等とはなんら関係がありません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました