鉄道総研 マヤ34形 建築限界支障判定車

このページは鉄道車両の個別データを掲載しています。
ここからペーパークラフト展開図のダウンロードページへ移動できます。

🚃基礎データ

国鉄が1959~1981年にかけて製造した軌道検測用の事業用車です。鉄道総研が開発した「建築限界支障判定装置」を搭載した車両がJR九州で運用されています。周辺設備の三次元的なマッピングが可能で他検査への応用も期待されています。

⚙️諸元

Image
長さ18.4m
高さm
幅m
軌間mm

>他のマヤ34形もチェック

>>アマゾンでマヤ34形もチェック

🎨車両の色

✅運行データ

📅運用年

■導入(またはイベント開始):2021- ~ ■廃止(またはイベント終了):

2021-

鉄道総研

鉄道総研は1907年に帝国鉄道庁鉄道調査所として発足した鉄道関連の研究機関です。国鉄を経て現在はJRグループとして業務を引き継いで行っています。

 

🚃運用路線(一部)

🚅使用される列車名




お願い

時間と手が足りないのが実情……。こちらの資料探し手伝ってくれると嬉しいです

I want to increase the number of fans of overseas railways. Please share on SNS.

📄ペーパークラフト展開図

🔑パスワードは540148

★展開図のダウンロードにはこの記事内に記載されているパスワードが必要です。



※ぺぱるねっとが個人的趣味で作成している二次創作・ファンアートになります。 ペーパークラフトや鉄道アイコンは非公式のものであり、各事業者等とはなんら関係がありません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました