国鉄 マヤ34形2009 軌道試験車

このページは鉄道車両の個別データを掲載しています。
ここからペーパークラフト展開図のダウンロードページへ移動できます。

🚃基礎データ

国鉄が1959~1981年にかけて製造した軌道検測用の事業用車です。10系客車をベースにしているものの測定のために構造強化することで「たわみ」を減らし、更に3つの台車を搭載するなど、まさに検査専用車両として製造されています。2008~2009号車は冷房が4基になり、ラジエーターも屋根上に搭載されました。

⚙️諸元

Image
長さ18.4m
高さm
幅m
軌間mm

 

🎨車両の色

✅運行データ

📅運用年

■導入(またはイベント開始): ~ ■廃止(またはイベント終了):

国鉄

1949年に運輸省鉄道総局から独立した公共鉄道事業者です。1987年4月1日に国鉄分割民営化により事業はJR各社へ継承されました。

 

🚃運用路線(一部)

🚅使用される列車名

-----

📄ペーパークラフト展開図

【レビュー】125系・長谷川商店 電車茶箱『鉄茶ん』 美味しい「とび色2号」の黒大豆茶
実は少し前にお手伝いしたものがありまして。 そう、電車のお茶。その名も「電車茶箱 鉄茶ん」 加古川線ということで、黒大豆を原料にしたお茶なんですね。ペパるネットはそのパッケージ(鉄道部分)のデータを提供しました。 電車ペパクラとしては既存のペーパークラフトを短く縮尺を合わせた感じですね。なにしろ組み立てやすくなるので「この規格で作っていくのもアリかも?」なんて思ったり。 ちなみにペパるネット、別サ...

🔑パスワードは540148

★展開図のダウンロードにはこの記事内に記載されているパスワードが必要です。



※ぺぱるねっとが個人的趣味で作成している二次創作・ファンアートになります。 ペーパークラフトや鉄道アイコンは非公式のものであり、各事業者等とはなんら関係がありません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました