【鉄道ニュース】CO2排出量実質ゼロのスカイライナーを運行[2023年3月30日]

サイトの維持費と製作費のため、是非ともご支援お願いいたします🌞

京成電鉄は2023年4月1日から、再生可能エネルギー100%でCO2排出量実質ゼロのスカイライナーを運行することを発表しました。

千葉県内の太陽光発電など再生可能エネルギー100%でCO2排出量実質ゼロのスカイライナーを運行します!
カーボンニュートラルで、旅まで高速エスコート
京成電鉄(本社:千葉県市川市、社長:小林敏也)は、2023年4月1日(土)より、スカイライナーの運行にかかる電力相当を、再生可能エネルギー由来の環境価値を活用することで、スカイライナーの運行にかかるCO2排出量実質ゼロを実現します

詳細はこちらから(プレスリリース・お知らせ)

スポンサーリンク

カーボンニュートラル

/

京成電鉄 AE形II 「スカイライナー」

鉄道事業車の間では、2000年代頃より環境問題やSDGsなどへの取り組みの一環として省エネ化、再生可能エネルギーの活用が注目されています。今回、京成電鉄では従来型の化石燃料を使った電気ではなく、ソーラー発電などに絞った電力を使うことで実質的に二酸化炭素がゼッロ、つまりカーボンニュートラルな運行が可能となりました。

※ぺぱるねっとが個人的趣味で作成しているイラストとペーパークラフトになります。公式とはなんら関係がありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました