岩手開発鉄道 DD56形

🚃基礎データ

1968~1973年にかけて製造されたディーゼル機関車です。国鉄のDD13形に似た形状で、当初は53トンであったためにDD53と呼ばれていました。1979年にエンジンを強化したことに伴い重量が56トンに増加、DD56形と改名されました。

🚄車体サイズ

Image
長さ13.6m
高さ3.8m
幅2.8m
軌間1067mm

📅運用年

■導入(またはイベント開始):
~■廃止(またはイベント終了):2023年7月

その他諸元

■製造数

🚃416両

⚡電力方式

🚄最高速度

km/h

🛞台車

DT105、DT113形、DT113E形

■機関(エンジン・電動機)

直列6気筒ディーゼル機関DMF31S×2、DMF31SB×2

■制御・変速

液体式

🎨車両の色

✅運行データ

岩手開発鉄道

岩手開発鉄道は岩手県大船渡市で貨物鉄道を営む鉄道会社です。1992年3月までは旅客輸送も行っていました。太平洋セメントだけでなく大船渡市など地元自治体も一部出資しており、いわゆる第三セクター方式の鉄道会社ともいえます。総営業距離数は全長11.5km。

🚃運用路線(一部)

🚅使用される列車名




🔑パスワードは3132

アマゾンで関連商品を探す

ペーパークラフト展開図

今後のサイト維持のため、こちらのアマゾンリンク先でお買い物(またはアマゾンビデオなどに加入)も是非。
※ぺぱるねっとが個人的趣味で作成している二次創作・ファンアートになります。 ペーパークラフトや鉄道アイコンは非公式のものであり、各事業者等とはなんら関係がありません。



***コメントはX(Twitter)でも***

コメントなどはSNSでも受付中! X(Twitter)を是非、フォローを

コメント

タイトルとURLをコピーしました