羽幌炭鉱鉄道 キハ22形

🚃基礎データ

キハ22形は国鉄の同型車と同じ構造の気動車で、1960~1966年に導入されました。旋回窓が特徴です。国鉄線への乗り入れのためATSも搭載していました。廃線後はひたちなか海浜鉄道へ譲渡されています。

🚄車体サイズ

Image
長さ20m
高さ3.68m
幅2.92m
軌間1067mm

📅運用年

■導入(またはイベント開始):
~■廃止(またはイベント終了):

その他諸元

■製造数

🚃1126両

⚡電力方式

🚄最高速度

95.00km/h

🛞台車

DT17A・TR49A、DT22A/C・TR51A/C

■機関(エンジン・電動機)

DMH17B/Cディーゼルエンジン

■制御・変速

液体式

🎨車両の色

✅運行データ

羽幌炭鉱鉄道

羽幌炭鉱鉄道とは1941年に開通した北海道苫前郡の私鉄です。羽幌炭鉱からの石炭輸送を目的に建設されましたが1970年の閉山とともに廃止となりました。

🚃運用路線(一部)

🚅使用される列車名




🔑パスワードは3130

アマゾンで関連商品を探す

ペーパークラフト展開図

今後のサイト維持のため、こちらのアマゾンリンク先でお買い物(またはアマゾンビデオなどに加入)も是非。
※ぺぱるねっとが個人的趣味で作成している二次創作・ファンアートになります。 ペーパークラフトや鉄道アイコンは非公式のものであり、各事業者等とはなんら関係がありません。



***コメントはX(Twitter)でも***

コメントなどはSNSでも受付中! X(Twitter)を是非、フォローを

コメント

タイトルとURLをコピーしました