遠州鉄道 キハ800形

東海・北陸の私鉄鉄道車両
スポンサーリンク

遠州鉄道 キハ800形

基礎データ

■全長 m 全高
 全幅 m
■軌間:1067mm
■最高速度:km/h
■運用・登場年:
■廃止・引退年:
■製造数:
■電力方式:直流750V(架空電車線方式)
■台車:
■機関(エンジン・電動機):
■制御・変速:
1958年に遠州鉄道二俣線に導入された気動車です。元国鉄キハ41000形を自動扉化改造した車両です。1985年には老朽化や性能面で運用困難となったため廃車。後にエンジン交換を行った後に北陸鉄道へ譲渡されました。

🎨車両の色



✅運行データ

遠州鉄道

静岡県で鉄道とバス事業を運営している会社です。鉄道としては浜松市の新浜松駅~西鹿島駅を結ぶ路線を保有しています。電車の色から地元では「赤電」と呼ばれていますが、近年はラッピング車として青や黄色の車両も登場しています。

🚃運用路線(一部)

遠州鉄道鉄道線・・・・・

🚅使用される列車名

ペーパークラフト展開図

🔑パスワードは3676

展開図はこちら

アマゾンで関連商品を探す

※アクセス数が全く伸びません😢
 展開図をダウンロードされる方は、ホームページやブログ、SNS、口コミ等で拡散・ご紹介していただけると助かります。

***コメントはX(Twitter)でも***

コメントなどはSNSでも受付中! X(Twitter)を是非、フォローを

コメント

タイトルとURLをコピーしました