鉄道院 霊柩車

🚃基礎データ

1926年に崩御した大正天皇の大葬のため製作された霊柩車です。形式などは付与されていません。全長17mの車体に側面には大きな扉が備わっていました。1927年2月7日の大葬後は一般拝観のため東浅川駅に留置されました。

⚙️諸元

Image
長さ16.8m
高さ4m
幅2.9m
軌間1067mm

 

🎨車両の色

✅運行データ

📅運用年

■導入(またはイベント開始):1927-1933 ~ ■廃止(またはイベント終了):

1927-1933

鉄道院

1908年に鉄道国有化の政策に伴い設立された内閣の直属機関です。また各地に鉄道管理局が設置されました。1920年には鉄道事業の強化・独立のため鉄道省へ昇格しました。

 

🚃運用路線(一部)

🚅使用される列車名

サイト維持のため、こちらのアマゾンリンク先でお買い物(またはアマゾンビデオなどに加入)も是非。

📄ペーパークラフト展開図

【レビュー】125系・長谷川商店 電車茶箱『鉄茶ん』 美味しい「とび色2号」の黒大豆茶
実は少し前にお手伝いしたものがありまして。 そう、電車のお茶。その名も「電車茶箱 鉄茶ん」 加古川線ということで、黒大豆を原料にしたお茶なんですね。ペパるネットはそのパッケージ(鉄道部分)のデータを提供しました。 電車ペパクラとしては既存のペーパークラフトを短く縮尺を合わせた感じですね。なにしろ組み立てやすくなるので「この規格で作っていくのもアリかも?」なんて思ったり。 ちなみにペパるネット、別サ...

🔑パスワードは3644

★展開図のダウンロードにはこの記事内に記載されているパスワードが必要です。



※ぺぱるねっとが個人的趣味で作成している二次創作・ファンアートになります。 ペーパークラフトや鉄道アイコンは非公式のものであり、各事業者等とはなんら関係がありません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました