南海電鉄 6000系 旧塗装

近畿の私鉄鉄道車両

南海電鉄 6000系 旧塗装

南海電鉄 6000系 旧塗装のデータ

■車両サイズ|全長 20.7m 全高 4.16m 全幅 2.74m |
■軌間:1067mm
■台車:FS-392C・FS-092A・FS-355  
■電力方式:直流1500 V(架空電車線方式)
■機関(エンジン・電動機):
■最高速度:100km/h
■制御方式・変速:超多段式バーニア抵抗制御方式VMC-HTB-20AN
■補足:
1962年から導入された南海電鉄の通勤型電車で、日本で初めてオールステンレス製車体が採用されました。
■導入または製造年:1962年 – 1969年
■引退または廃車年:

南海電鉄

南海電鉄は大阪の難波と和歌山、関西国際空港、高野山を結ぶ鉄道を経営する関西の大手私鉄。総営業キロは154.0km。創業は1884年。純民間資本として現存する日本最古の私鉄として知られています。

アマゾンブラックフライデーセール開催中

水性マーカーのセットが安くなっています。
ペーパークラフトの断面を同系色で塗っておくと仕上がりが格段に良くなります。

■運用路線(一部)

南海電鉄南海本線・・ など

■車両の色

アマゾンブラックフライデーセール開催中

水性マーカーのセットが安くなっています。
ペーパークラフトの断面を同系色で塗っておくと仕上がりが格段に良くなります。

ペーパークラフト展開図

パスワードは2210




コメント

タイトルとURLをコピーしました