ひたちなか海浜鉄道 キハ20形

ひたちなか海浜鉄道 キハ20形

元国鉄のキハ20形を譲り受けワンマン化改造した車両です。

ひたちなか海浜鉄道とは

ひたちなか海浜鉄は茨城県ひたちなか市で湊線を保有、運営する第三セクターの鉄道事業者です。2008年に茨木交通から鉄道部門が分離、新設されました。

「キハ20系」といえば!国鉄が1957年に開発した一般形気動車のグループです。キハ20やキハ21、キハ52などいろいろ含まれてるわけですね。「キハ20形」と書けばその中の一つの小グループということになります。実際にはもっと複雑のようですがここでは省略です。

「キハ20形」はいわゆる基本となる一般形気動車でして、暖地向けの両運転台、エンジン1基の車両となります。(例えば寒冷地仕様だとキハ21形に分類される)

非常に広く使用されており、日本全国あちこちで見られました。また暖地仕様と言っても北海道に導入される事例もあったりとそこまで厳密なルールは無かった模様?

度重なる改良や改造されたことでそのバリエーションは千差万別。また各私鉄への譲渡車などもあったりと全部把握するのは至難の業ではないでしょうか。
もちろん鉄道模型としてこれらを揃えるのも同様に大変だったりします。是非ペーパークラフトでそろえてみてくださいね。

大きさ 車体長 20m
全 幅 2.9m
全 高 3.8m
最高速度 95 km/h
路線
運用期間
パスワードは22486







組み立て動画

小湊鉄道 キハ200形のペーパークラフトを作る!
小湊鉄道 キハ200形前照灯が2灯振り分け配置になっているという珍しいキハ20形。それだけで印象が全く変わりますね。【作り方のポイント】出来上がりは四角い箱ですので最初にきっちりと折り目を入れておくことで綺麗に仕上がります。屋根は少しカーブ...

※よければチャンネル登録お願いいたします!

***コメントはX(Twitter)でも***

コメントなどはSNSでも受付中! X(Twitter)を是非、フォローを

コメント

タイトルとURLをコピーしました