JR東日本 185系200番台 「シュプール上越」

jrの電車鉄道車両
スポンサーリンク

JR東日本 185系200番台 「シュプール上越」

JR東日本 185系200番台 「シュプール上越」のデータ

■車両サイズ|全長 20.2m 全高 4.06m 全幅 2.94m |
■軌間:1067mm
■台車:DT32H、TR69K  
■電力方式:直流1500V(架空電車線方式)
■機関(エンジン・電動機):直巻整流子電動機MT54D
■最高速度:110km/h
■制御方式・変速:抵抗制御・直並列組合せ・弱め界磁制御
■補足:
JR東の直流形特急電車で、普通から特急まで幅広く使える汎用型車両です。1986年にはスキー客輸送のための臨時列車「シュプール号」が運行開始となりました。シュプール上越は上野・大船駅から小出間駅間までを結んでいました。
■導入または製造年:
■引退または廃車年:

国鉄185系をアマゾンで探す

JR東日本

関東・甲信越・東北地方で鉄道・観光・不動産業など多数の事業を行う会社です。1987年の国鉄民営化に伴い誕生しました。世界の鉄道事業者の中でも有数の規模となっています。

------------------

■運用路線(一部)

・・・・・ など

■使用される列車名

■車両の色



ペーパークラフト展開図

パスワードは389280






今ならOCN光への乗り換えがオススメです。キャッシュバックキャンペーンもあり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました