国鉄 ED78形

jrの機関車鉄道車両
スポンサーリンク

国鉄 ED78形

国鉄 ED78形のデータ

■車両サイズ|全長 17.9m 全高 4.22m 全幅 2.8m |
■軌間:1067mm
■台車:DT129I形、DT129J形、TR103B形  
■電力方式:交流20000V(50Hz)(架空電車線方式)
■機関(エンジン・電動機):直流直巻電動機MT52形(試作車)、MT52A形(1 – 11)、MT52B形×4基(12・13)
■最高速度:100km/h
■制御方式・変速:サイリスタ連続位相制御
■補足:
国鉄が1968年の奥羽本線の米沢~山形間交流電化に伴い導入した急勾配対応の電気機関車です。平均勾配が約33‰の板谷峠、軸重制限の厳しい仙山線を走行するため、交流回生ブレーキと中間台車が採用されています。
■導入または製造年:1967年 – 1980年
■引退または廃車年:

国鉄ED78形をアマゾンで探す

JR貨物

日本国内で貨物、輸送事業、不動産業等を行う会社です。1987年の国鉄民営化に伴い誕生しました。他のJRと違い営業地域は日本全国となっており、各地域に支社を設けています。独自に保有している路線は極めて少ないのも特徴です。

------------------

■運用路線(一部)

JR東日本仙山線・・・・ など

■使用される列車名

■車両の色



ペーパークラフト展開図

パスワードは146182






今ならOCN光への乗り換えがオススメです。キャッシュバックキャンペーンもあり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました