京成電鉄・成田スカイアクセス用の3100形、2編成を新造へ!

知る鉄道トピック

京成電鉄・成田スカイアクセス用の3100形、2編成を新造へ!

画像:京成電鉄

京成電鉄(本社:千葉県市川市、社長:小林 敏也)では、新造車両2編成を導入し、3156編成(8両)は9月30日(木)より、3155編成(8両)は11月12日(金)より、営業運転を開始します。
今回導入する2編成には、異常時に迅速な避難が行えるよう、1号車と8号車の座席下(各1ヵ所)に非常はしごの増設を行っています。(公式サイトより)

https://www.keisei.co.jp/information/files/info/20210929_140439692316.pdf
—————————

京成電鉄のオレンジ帯の車両として2019年に登場した3100形。成田スカイアクセスの名前の通り、空港アクセス列車としてオシャレで、そしてスピード感あふれる見た目から人気の高い電車です。

過去にペーパークラフトで自作しましたが、フロントライトのLEDの並びが先進的で凄く格好いいのですよね。くの字に曲がった並びとか。

 

今回新造される2編成は大きな変更点はないものの、昨今の情勢……特に安全面への要望の高まりを受けて、避難はしごが編成の両端車に増設されています。備えあれば憂いなしですね。もちろん使用する事態がおきない事が一番ですけれども。

車外へ出るための手段ということですので一般乗客が触れるものでは無いですが、
使用時の様子については避難訓練の記録としてニュースなどで見られる機会があるかもしれませんね。

2021年9月30日より運行開始

参考リンク

ペーパークラフトリンク

京成電鉄 3100形
のデータ■車両サイズ|車体長 m 全幅 m 全高 m |■最高速度| km/h|■路線:■運用期間:...

コメントはSNSにて

コメントはTwitterで受け付けております 是非フォローを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました