鉄道総研 マヤ34形 建築限界支障判定車

jrの試験車両

鉄道総研 マヤ34形 建築限界支障判定車

鉄道総研 マヤ34形 建築限界支障判定車のデータ

■車両サイズ|車体長 18.4m 全幅 m 全高 m |
■最高速度| km/h|
国鉄が1959~1981年にかけて製造した軌道検測用の事業用車です。鉄道総研が開発した「建築限界支障判定装置」を搭載した車両がJR九州で運用されています。周辺設備の三次元的なマッピングが可能で他検査への応用も期待されています。

鉄道総研

■路線:
■運用期間:2021-
鉄道総研は1907年に帝国鉄道庁鉄道調査所として発足した鉄道関連の研究機関です。国鉄を経て現在はJRグループとして業務を引き継いで行っています。



ペーパークラフト展開図

パスワードは540148

鉄道総研 マヤ34形 建築限界支障判定車をアマゾンで探す

安くて発色が良い、ペーパークラフトにオススメの用紙です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました