鉄道院 チク4500形 蓄電車

jrの客車鉄道車両
スポンサーリンク

鉄道院 チク4500形 蓄電車

鉄道院 チク4500形 蓄電車のデータ

■車両サイズ|全長 4.5m 全高 2.6m 全幅 2.6m |
■軌間:mm
■台車:  
■電力方式:
■機関(エンジン・電動機):
■最高速度:km/h
■制御方式・変速:
■補足:国鉄DD13形といえば少し前までは各地の貨物鉄道で同型機の活躍が見られた機関車です。本来はヤード内でのパワフルな入換車として設計されたものの、重量がかさんだことで国鉄としては想定したほどの活躍が見込めずに後継機種へ道を譲ることとなりました。

ただ貨物鉄道にとってはパワフルさはまさに願ったり叶ったり。重量のある貨車をけん引する貨物鉄道にとっては適任だったのだと思います。

構造としては国鉄ディーゼル機関車らしい凸型の形状で、前後にエンジンをそれぞれ搭載しています。製造時期によってはエンジンが強化されており、特に後期モデルではターボチャージャーが装備されるようになりました。

残念ながら貨物取り扱いの縮小により国鉄民営化の際にはJRに移行されることなくすべて除籍となりました。

山陽鉄道が製造した車内電灯用の蓄電池搭載車です。国有化後は鉄道員の所属車となりました。側面にはスライド型の大型扉が備わっていました。
■導入または製造年:鉄道院
■引退または廃車年:

チク4500形をアマゾンで探す

鉄道院

1908年に鉄道国有化の政策に伴い設立された内閣の直属機関です。また各地に鉄道管理局が設置されました。1920年には鉄道事業の強化・独立のため鉄道省へ昇格しました。

------------------

■運用路線(一部)

・・・・・ など

■使用される列車名

■車両の色



ペーパークラフト展開図

パスワードは






今ならOCN光への乗り換えがオススメです。キャッシュバックキャンペーンもあり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました