成田国際空港シャトルシステム

成田国際空港シャトルシステム

メインビル~サテライトビル駅間 | 路線長0.279キロ | 駅数2駅

千葉県成田市にある成田国際空港で1992年~2013年まで運用されていた空気浮上式移動システムです。ターミナルのメインビルとサテライトビル間の279mを自動運転で結んでいました。法律上は鉄道ではなく水平移動エレベーターという扱いでした。

成田国際空港シャトルシステムの鉄道車両一覧

記事は見つかりませんでした。

成田国際空港シャトルシステムの関連商品をアマゾンで探す

タイトルとURLをコピーしました