【作る】1ケースジオラマ かんたん・千葉都市モノレール

作る

せっかくなのでペーパークラフトを使った情景を……ということで。

1ケースジオラマ

例えば。1つのお皿に色々な料理をまとめた1ディッシュプレートですとか。もっと言えば主菜から副菜まで詰め込んだ松花堂弁当ですとか。
1つの器に色々な要素を乗せるという技法というか手法があります。

 

完成はこちら

動画のキャプチャーですので画質はご容赦ください。

ただ紙を立てただけですが、ケースに収めると不思議と”良い感じ”になります。

それでは作っていきましょう

作り方についてはyoutubeを是非。

チャンネル登録と年間再生時間4000時間を目指しています。是非ご覧ください。

以下は動画の一部抜粋です。

まずはパーツを切り抜きます。

 

カッターではなくハサミでもOK!

軌道部分を作る

出来るだけまっすぐ折りたいので、ボールペンなどで折れ線をなぞっておきます。凹むことでまっすぐに折れるようになります。

 

しっかり折ります。

 

スティックノリなどを使って四角い棒のパーツを作りましょう

 

土台を作ります

土台は非常に簡単で、柱を折りまげて立ち上げます。

柱の先端が軌道(レール)とを接着するのりしろになります。

ちょうどセリアのディスプレイケースに収まるサイズになります。



車両を取り付けよう

モノレールのペーパークラフトの裏面にはゼムクリップが貼ってあります。磁石でくっつきます。

 

先ほど作った四角い軌道(線路)の中に小さい磁石を入れてあげると、モノレールがぶら下がる様に線路にくっついてくれます。

お子さんが作る場合など、磁石を扱うのが危ない場合は両面テープ等で貼りつけてしまいます。

 

ケースに収める

出来たペーパークラフトはディスプレイケースの中に収めます。

線路の上面部分に両面テープなどを貼ってから…

ケースの蓋の方に貼り付けます。これでヨレヨレだった柱でもしっかりと立つようになります。

 

詳しくは動画で

作り方についてはyoutubeを是非。

チャンネル登録と年間再生時間4000時間を目指しています。是非ご覧ください。

 

ジオラマ用データはこちら

展開パスワードは「peparnet」

懸垂型モノレールディスプレイ用背景



コメントはSNSにて

コメントはTwitterで受け付けております 是非フォローを。
タイトルとURLをコピーしました