【洗濯】チャイルドシート案外と簡単に洗える

知る

使っているうちにどんどんと汚れていくチャイルドシート。取り外しも案外と面倒ですし、我が家も染みですとかお菓子の粉などがついたりしていました。

今回、第5子の出産に備えてシートの付け替えする機会がありましたので、せっかくなら…ということで選択してみることにしました。3児の時に買ったので実質5年くらい使っています。全開洗ったのは1年半くらい前かも…

 

写真ではわかりにくいですが茶色い染みがありますし、お菓子の粉ですとか砂でジャリジャリした状態です。

 

まずはシートカバーやベルトを外す

この辺はメーカーや製品によって異なるのですが、たいていはシートカバーを外して丸洗いできるようになっています。汚しやすいものですしね。

止めているのはフックだったりヒモだったりボタンだったり。これはタカタのハッピーフィールズですが、付け外しが簡単でオススメのシートです。以前に使っていたA社のは結構扱いが大変でした…。

ハッピーフィールズはカバーは側面にひっかけているだけなので引っ張れば容易に外せます。左右どちらからか順番に外していきましょう。

 

肩ひも部分は後ろから。カバーを外す必要があります。下2か所、上2か所で取り付けられておりますが、上の部分だけ外せばパカッと開きます。

 

 

金属のマッシュルームの輪切りみたいなパーツに肩ベルトがつながってます。簡単に外せます。

黒いベルトと肩パッド部分に分かれています。肩パッドは後ろに、肩ベルトは手前側に引き抜きます。

 

やや穴が狭いですがゆっくり引き抜きましょう。

 

カバー下の白いクッション部分やベルトも取れますが、今回は特に汚れていなかったのでファブリーズをかけて陰干しすることにします。

選択するのはこの3つ。シートカバー、肩パッド、そして中敷き。水洗い可能です。

 

漬け置きするとよりキレイに

洗濯機に放り込むまえに漬け置きしておくと綺麗になります。私はオキシクリーンを使用。

あと意外と大きいのでお風呂を使いました。踏み洗いまでは不要かも。

オキシクリーンはコストコでも販売されているそうですが、品切れになるほど人気なんだとか。汚れた上履きも着けておくとそこそこ綺麗になりますので大変重宝しています。

漬け置きしたら洗濯機のオシャレ着モード(優しく洗う)で軽く洗います。洗剤などは普段お使い物もで大丈夫だと思います。

 

あらったものがこちら。きれいになりました。

 

あとは陰干し

特に汚かった横のフチ部分のシミが消えています。これで次の赤ちゃんにも気持ちよく使えますね。

そもそもチャイルドシートは汗などが乾きやすいように速乾性の高い素材で作られていることが多いので、こうやって広げて陰干しするだけでも驚くほど速く乾燥してくれます。

しっかり乾いたら逆の手順でシートカバーやベルトを掛けていきましょう。

 

チャイルドシートは簡単に洗える

手洗いやこすり洗いしませんでしたので、特に労力もなく簡単に選択できました。そしてやはり綺麗なシートは気持ちいいものです。

注意点としては、製品によっては金属部品や尖った部品(ベルト金具など)がある場合があること。そのまま洗濯機に放り込むと危ないので、洗濯ネットなどを使ったほうがいいかもしれませんね。幸か不幸か乾燥しているこの時期。意外と早く乾きますので洗濯するには好機かもしれません。

なお、製品によっては洗えないものもあるかもしれませんので、取扱説明書を読んでくださいね。私が使っているこのタカタのハッピーフィールズはOKでした。

コメントはSNSにて

コメントはTwitterで受け付けております 是非フォローを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました