アメリカ原子力委員会 X-12形(AEC X-12 Atomic Loco)

世界の鉄道:North America

アメリカ原子力委員会 X-12形(AEC X-12 Atomic Loco)

国鉄 原子力機関車のペーパークラフトを自作
1950年代、原子力エネルギーの平和的な活用法を各国がこぞって模索していた時代に生まれた鉄道計画はご存知でしょうか?原子炉を搭載する事で大出力、長期間の運用が可能だというものでした。もちろん実現困難であり、アメリカですら本格的な研究が行われることなく消えてしまいましたが。国鉄も同様に、調査段階ではありますが原子力...

アメリカ原子力委員会 X-12形(AEC X-12 Atomic Loco)のデータ

■車両サイズ|車体長 49m 全幅 2.8m 全高 3.8m |
■最高速度| km/h|
1950年代にアメリカのユタ大学が研究を行った原子力機関車です。車体長は50mに及びます。安全面やコスト、技術課題等により実現は困難と判断されました。

アメリカ原子力委員会

■路線:計画のみ
■運用期間:1950年代(計画のみ)
1954年に商用原子力開発と安全規制のために発足した独立行政機関です。1974年に廃止。



ペーパークラフト展開図

パスワードは136002

アメリカ原子力委員会 X-12形(AEC X-12 Atomic Loco)をアマゾンで探す

安くて発色が良い、ペーパークラフトにオススメの用紙です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました